«

エンジニア向けの福利厚生の取り組みを開始しました && 開発室室長交替のお知らせ

sawada2fujiwara

開発室室長の@remoreです。NIJIBOX開発室では、エンジニアの自発的な成長支援を目的とした3つの新しい取り組み(TechPerk)を2017年4月より開始しましたのでお知らせします。

  • 能力向上支援
  • カンファレンス登壇支援
  • 組織リファクタリング合宿

取り組みの概要は以下の通りです。※2017年4月時点の情報です

  • 能力向上支援
    • NIJIBOX開発室のエンジニアは半期で1万円を上限として、書籍、ASP、外部カンファレンスへの参加チケット(交通宿泊費込み)のいずれかが自由に購入可能となります。また、関連するブログを執筆することで、1万円を超えて3万円まで補助を申請することが可能です。
  • カンファレンス登壇支援
    • NIJIBOX開発室のエンジニアが提出した国内外のカンファレンスへのSpeaker発表申請(CFP)が通過した場合、内容に応じて組織が参加チケット費用および交通宿泊費を負担して業務として出張に行けます。
  • 組織リファクタリング合宿
    • NIJIBOX開発室のエンジニアは組織リファクタリング(開発ツールやシステムの導入による、全社的な業務効率の改善や組織課題の解消)のための開発合宿を申請・開催可能です。

CyberAgentさんやGMOペパボ株式会社さんの取組事例を参考にさせていただきながら上記取組の概要を検討しました。これらの取組自体は業界の中では目新しいものではないと思いますし、明文化していなくても実際に実施している企業も多いと思いますが、改めて明文化して取組として組織公認の活動として進めていくことで、技術者を支援する文化を促進していければと考えています。

また、2017年4月1日から開発室室長が@remoreから藤原に変更となりますので、こちらも併せてお知らせさせてください(@remoreはリクルートホールディングスの本社業務に集中することとなりました)。僕が在籍したのは、2011年3月にリクルートホールディングスに入社して出向辞令が出てから丸6年と1ヶ月の期間となります。在籍中に関わって頂いた社内外関係各所の皆様、在籍中は大変お世話になりました。

今後NIJIBOXとしては新開発室室長の下でまた新しい活動や取組が今後スタートしていく模様ですので、引き続きご贔屓にしていただければ幸いです。僕個人としても今後の更なる組織の成長を外から楽しみに見守っていければと思います。