«

PHP Conference 関西 2016 に参加してきました

こんにちは皆さん いつもはQiita で変な記事を書きなぐっている @niisan-tokyo です。

先日の2016/7/16 にPHP Conference 関西にスピーカーとして参加してきました。 そもそも遠方のカンファレンス参加も初めてであれば、スピーカーとしてカンファレンスで登壇するのも初めて、と個人的にインパクトの強いイベントとなりました。

「おうちに帰ってブログを書くまでがカンファレンス」という実行委員長のありがたいお言葉もいただきましたので、*ヒュイーっと*レポートを上げていこうと思います。

前夜祭

スピーカーとして参加するので、スピーカーおよびスタッフとの顔合わせの意味でカンファレンスの前日に大阪で宴会を開いていただきました。 なので、我々も前日に大阪入りしたのですが。。。

大阪駅で迷う

大阪駅周辺は迷いやすいという伝説は冗談ではなかった! というわけで、到着早々迷ったりしていました。

入れないと有名なヨドバシ梅田

もはや入るだけでも困難であると有名なヨドバシ梅田の入り口。。。 迷ったせいで、前夜祭に遅刻するなどトホホな大阪入りでした。

前夜祭

前夜祭はカンファレンス会場の大阪駅を挟んで反対側にあるお店で行われました。

中崎きりがね食堂

熱いプロゲーマー論が盛り上がったりしてました。

当日

当日は10:30から開始だったので、10:00ちょい過ぎに入場。

カンファレンス会場

自分の発表は最後のセッションなので、それまでに見たものについてはいかのとおりです。

  • Composerを速くするために必要だったもの
  • 全てを結ぶ力
  • PHPで学ぶコンピュータアーキテクチャ
  • ビューのソースコードコンフリクトから解放される、PHPerのための次世代Webアプリケーション開発への道。
  • PHPで稼ぐには。 伝説といわれた給与を獲得した実際の資料も解説

発表した

で、いよいよ私の発表だったのですが、結構人が入ってきてめっちゃ緊張しました。

発表の様子

暗くてわかりにくいですが、私の発表開始時の光景を同行した @remore に撮ってもらいました。

内容はPHPで非同期処理をどうやってかけばいいのかを薄く浅く説明するというものです。 正直自画自賛できる内容ではなかったので、心臓バックバクでしたが、なんとか無事終えることができました。

詳細には、こちらにあげていますので、よろしければどうぞ https://speakerdeck.com/niisantokyo/phpdezuo-rufei-tong-qi-chu-li

その他

PHP技術者認定試験の吉政さん

こちら、PHP技術者認定試験の代表理事さんで、今回のスピーカーのひとり、吉政 忠志さんです。 彼の講演は、エンジニアとしてキャリアを続けていくための指針になるようなことが多く、大変参考になりました。

記念写真撮らせてください!って言ったら、快く撮らせてくれました。 ペチゾーのスタンプ貰うの忘れてた。。。

自分の属性

自分はこんな属性持ってます!みたいなものを示すシール。

なにげにphalconもあるし、闇とかレガシーとかの怪しげなものが。。。

Dockerもあったので、当然貼り付けましたよ!

懇親会でLT

何故か懇親会で始まった、LT。 知らんかったけど、そういうものなのね。

会場で行われていたLTよりも遥かにカオスな内容で、楽しかったです。 飛び入りとか延長戦とか。。。

チラシ

帰りの電車に乗る間際に、入場時に渡された手提げ袋に弊社の求人チラシが入っていることを教えてもらった件。

チラシ

めっさ緊張しててそれどころではなかったのです。。。

おわりに

いや〜、カンファレンス、楽しいですね! みなさんも、次の蒲田でのPHP Conference、是非とも参加しましょう!